医学生の皆さんへ

医療の本質に触れたいあなたに

がん患者さんの痛みが一様ではないように、すべての患者さんが病気とともに色々な問題をお持ちです。徳島県立三好病院のある徳島県西部圏域では、山間地に住まわれる患者さんも多く、さまざまな問題をかかえて来院されます。単に医療を提供しただけでは患者さんが良くならないこともしばしば経験されます。医療は病を治すためだけにあるのではなく、ひとを幸せにするための方策のひとつです。もちろん、治すための豊富な知識と高い技術なくして医療は成り立ちません。しかし、それらだけで人を治すことはできません。「病を通して生を診る」。やさしさを忘れない急性期医療、私達と一緒にそんな医療を目指してみませんか?

 

院長

病院長 住友 正幸