研修理念・基本方針

1.臨床研修病院としての役割

 

徳島県西部における公的中核病院として、県民に信頼される質の高い医療を提供するとともに、地域社会を理解し、高い倫理観を持って、医療福祉に貢献できる人材を育成します。

 

2.研修理念

 

医師としての人格を涵養し、医学及び医療の地域社会に果たすべき役割を認識しつつ、将来専門とする分野に関わらず臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を習得し、地域の一員として各職種と連携・協力しながら全人的な医療を提供できる医師を目指します。

 

3.基本方針

 

つぎのような資質を備えた医療人を育成する。

  • 幅広い教養を持った感性豊かな人間性を備え、深い洞察力と高い倫理観、生命の尊厳について適切な理解と認識を持つ。基本的人権の尊重に努め、自らはプロフェッショナルの一人である責任を自覚する。
  • 医学、医療の全般に広い視野と高い見識を持ち、常に科学的妥当性に基づきながら、将来専門とする分野に関わらず臨床に必要なプライマリ・ケアの基本的診療能力(態度、技能、知識)を習得する。
  • 医師としての人格を涵養し、患者から人としても信頼される思いやりの心を持った謙虚な医療人となり、患者と一体となって、患者中心・患者本位の全人的医療の推進に努める。患者の人格と権利を尊重する。
  • チーム医療のできる医療人
  • 自己の能力の限界を自覚し、病院内の各職種・各職員と連携を密にし、チーム医療の推進に努める。また、将来はチーム医療のコーディネーターとして責任ある行動を行う。
  • 質の高い医療ができるよう、生涯を通じて教育・学習を続ける態度と習慣を有し、高度の医療技術の習得に努める。後輩を育成することによって、自らが学ぶ姿勢を有する。
  • 地域医療を理解し、健康の保持、疾病の予防や、疾病治療後の社会復帰に至る医療全般の責任を有することを自覚し、行動する。
  • 医療の公共性を理解し、全体の奉仕者として、常に公平な職務の執行に当たる。