リハビリテーション技術科について

理念

リハビリテーション
【再び・適した/ふさわしい状態に・なること】
の概念に基づき、個々の療法士がリハビリテーション計画に沿って、 質の高いリハビリテーションを提供します。

基本方針

  1. よりよい急性期のリハビリテーション手技を提供します
  2. 院内の多職種連携を図ります
  3. 患者さん及びご家族へ充分な説明に努めます
  4. 施設外連携の強化の重要性を認識します
  5. 医療安全対策を積極的に図ります
  6. 災害に対する備えを常に行います

特色

急性期リハビリテーションを主に患者さんの生活場所である病棟にて、 退院後の早期自立に向けたリハビリテーションを提供します。 リハビリテーション室は6階にあり、整形外科病棟と同じフロアにあります。 リハビリテーション室での日常生活活動(動作;ADL)練習を各回復段階に応じて行います。 院内の職種間の垣根がなくて、シームレスなつなぎ目のない、良好な関係がここ三好病院にあります。 院内外の連携を密に行い、よりよい急性期のリハビリテーション手技を提供します。

リハビリ対象疾患

整形外科疾患:骨折、変形性関節症、脊髄損傷

脳外科疾患:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷

呼吸器科疾患:肺気腫、肺炎

内科疾患:心不全、血液疾患

外科疾患:胸部、腹部手術後 など

施設案内

sec_rehabili_about_01.jpg
リハビリテーション室

理学療法士が6名、作業療法士が2名、言語聴覚士が1名の計9名在籍しており、医師の指示のもと運動療法を主にベッドサイドやリハビリテーション室で実施しています。

sec_rehabili_about_02.jpg ADL室

ADLとは、Activity of Daily Living(アクティビティー・オブ・デイリー・リビング、日常生活活動)の略です。 洗濯物を干したり、布団の上げ下ろしをしたり、料理や掃除をしたりしていただくなど、患者さんの実際の生活に沿った運動メニューを提供します。