放射線治療

放射線治療について

RT-1.PNG

当院の放射線治療装置

当院の放射線治療装置で使用できる放射線のエネルギーは、 エックス線が4,6,10MV(メガボルト)、電子線が4,6,9,12,15MeV(メガ電子ボルト)であり、病巣の深さに応じたエネルギーを選択することが可能となっています。 また、本装置はエックス線管球とフラットパネルを装備しており、治療台に寝たままでエックス線写真やCT画像を撮影できるようになっています。 治療する直前に治療部位の画像を取得し、その場で位置のズレを補正することにより、より適切な位置で治療を行うことが可能となります。 これにより、正常組織の被ばくを低減することに繋がります。

RT-2(Ver.2).png