画像診断

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査とは

乳房のエックス線撮影のことで乳がん検診にも用いられます。 乳房はほとんどが脂肪などの柔らかい組織でできているため、装置も専用のものを使用します。 検査時間は15分~20分程度で左右片方ずつ乳房を引っ張り圧迫板ではさんで撮影します。 撮影の範囲は脇から乳房の下までを含めた部分で通常は両側乳房を2方向ずつ4回撮影します。

マンモグラフィ検査について

乳房を圧迫する際に痛みを伴うことがありますが、 よりよい写真を撮るためにも圧迫は検査の際に必要な行為ですのでご理解とご協力をお願いします。 乳房全体をなるべく均一な厚さに圧迫し乳腺の重なりを減らすことで診断能の高い画像が得られ、 また圧迫することで被ばく線量を低減させることができます。

sec_radiation_03.jpg