全身麻酔・硬膜外麻酔で手術される方へ

この表をご覧になり、少しでも今回の手術を理解していただけますように、また不安が少なくなれば幸いです。

 手術室入室~麻酔まで硬膜外麻酔
有・無
全身麻酔手術手術終了~退室まで
手術の流れ
  • 歩行できる方は歩いて入室しています。
  • 歩行できない方は車椅子またはストレッチャーで移動します。
  • 確認のため、麻酔科医と共にお名前とネームバンドの照合を行います。
  • 手術をする部屋へ行き手術台へ移動します。術衣を外します。
 
  • 点滴から眠くなる薬を入れ、徐々に眠くなります。
    sec_op_02.jpg
  • 手術する部位を広い範囲消毒し、手術開始となります。
    sec_op_03.jpg
  • 麻酔を覚まします。
処置
  • 心電図、血圧計、酸素などのモニターをつけます。
  • 点滴は手術室で入れることもあります。
    sec_op_04.jpg
  • 痛みのコントロールをするために背中から細い管を入れます。
  • 手術後の痛み止めにも使います。
    sec_op_05.jpg
  • 酸素マスクをつけます。
  • 眠ってから麻酔のチューブを気管内に入れます。
  • 毛剃りを手術室でする場合があります。
    sec_op_06.jpg
  • 膀胱内に管を入れ、尿が自然に排出されるようにします。
    (麻酔がかかっているため、痛みはありません)
  • 専用の器械で両足のマッサージをします。
    (血栓、肺塞栓の予防になります)
  • 麻酔の覚め具合を確認するため声をかけます。
  • チューブが入っている間は声が出ません。
  • 目が覚めてから気管内のチューブを抜きます。
  • 心電図、血圧計、酸素のモニターを外します。
体位
  • 仰向けです。
  • 手足の曲げ伸ばしに不自由がある場合はお知らせください。
  • 横向きです。
  • あごを引いて膝をかかえ、できるだけ背中を突き出して丸くなります。
  • 仰向けです。
    (ベッドの幅が狭いので安全のため手足を軽く固定します)
  • 手術によって違います。
    (無理のない体位を保ちます。)
  • 仰向けです。
意識 あります。 あります。 徐々に眠くなります。 ありません。 あります。
説明・指導
  • 寒い、痛いなど不都合がありましたら遠慮せずにお知らせ下さい。
  • 背中に痛み止めの注射をします。
  • 麻酔中は動かないようにご協力下さい。
  • 痛みやしびれのある時は遠慮せずに言葉で知らせて下さい。
sec_op_07.jpg sec_op_08.jpg
  • 帰る時は、点滴と尿の管が入っています。
  • 酸素マスクをしています。
  • 手術した部位にドレーンと言う管を入れる場合があります。
  • 麻酔が十分覚めてから、ストレッチャーかベッドに移動し病棟へ帰ります。

徳島県立三好病院手術室 平成17年7月