センター長ご挨拶

 地域の医療施設の先生方をはじめ、介護・福祉のスタッフの皆様方には日ごろから大変お世話になっております。
 
 三好病院はこれまでどおり、地域に「信頼」される病院を目指しております。そこで、「地域医療支援病院」として、今後果たすべき役割をまとめてみました。
 
 

①地域に開かれた病院の窓口となること

医療・介護・福祉と連携をはかり、また、患者さんのご要望に迅速対応が行える窓口となります。三好病院に対するご意見(問題点、改善点など)ありましたら気兼ねなく、患者支援センターへお伝えください。

 
 

②地域包括ケアシステム 構築と推進

人口が減少する一方でますます高齢化がすすみ、要介護状態の方の割合も増加傾向にあり、医療・介護システムもその変化にしっかりと対応していく必要があります。三好病院は、地域の方が安心して生活が送ることができるよう、各関係機関と協力し少しでもお役に立てるようにいたします。

 
 

③地域住民の方への医学教育

積極的に予防医学への取り組みが行えるよう、出前講座や講演活動などを行っております。

 
 

④かかりつけ医制度の推進

当センターの役割の中でも各地域の「かかりつけ医」の先生方との連携は特に重要と考えています。そのため、当院へ患者紹介をしていただく際は「かかりつけ医」の紹介状をお書きいただき、退院される際には担当医から「かかりつけ医」の先生に入院治療経過を詳細にご連絡し、今後の治療の継続をお願いすることとなります。

これまで以上に地域及び患者さんの声に耳を傾け、より良い「地域完結型医療」の形を模索しながら、信頼関係を大切にしていくと共に、患者さんやご家族と話し合い、一緒に考えながら、依頼に応えられるようにし、そして、各機能のさらなる強化を図り、今後も地域医療に少しでも貢献できますよう、努力してまいります。