センター長ご挨拶

地域の医療施設の先生方をはじめ、介護・福祉のスタッフの皆様方には日ごろから大変お世話になっております。
 
三好病院はこれまでどおり、地域に「信頼」される病院を目指しております。「地域医療支援病院」として、今後果たすべく役割をまとめてみました。
 
 ①地域に開かれた病院の窓口となること。
 地域の先生方や医療・介護・福祉に関連した方々からの、また、患者様方のご要望に迅速対応が行える窓口となります。
 そして、三好病院に対するご意見(問題点、改善点など)ありましたら気兼ねなく、地域医療センターへお伝え下さい。
 
 ②地域包括ケアシステム 構築と推進
 人口が減少する一方でますます高齢化がすすみ、要介護状態の割合も増加傾向にあると容易に推察できます。
 そのため、県西部において、医療・介護システムの動向の変化があると考えます。ゆえに、地域住民が安心して
 生活が送ることができるよう、各関係機関と協力し少しでもお役に立てるよう三好病院としても協力いたします。
 
 ③地域住民の方への医学教育
 積極的に予防医学への取り組みが行えるよう、出前講座や講演活動などを行っております。
 
 ④かかりつけ医制度の推進
 当院は急性期医療を担っており、状態の安定した患者様はかかりつけ医の先生方にご高察いただく方針を進めています。
 
 
 これまで以上に地域の先生方との連携を深め、県西部の中核病院としての役割を果たすため、邁進いたす所存です。
 医師会をはじめ、地域の先生方のご指導、ご支援賜りますようお願い申し上げます。yodasennta.jpg