緩和ケア病棟入棟基準

緩和ケア病棟では、原則、次の全ての条件を満たす方を対象としてケアを行います。

  1. がんに伴う身体的・精神的な苦痛のため、自宅での療養が困難となり、主治医もしくは緩和ケア外来医師により入院が必要と判断されていること。
  2. 患者さんおよびご家族が、緩和ケア病棟の入院中は積極的ながん治療を行わない事を理解されていること。 ただし、一般病棟に転棟し、がん治療を行うことについては柔軟に対応します。
  3. 患者さんおよびご家族が、病名もしくは病状について説明を受け、緩和ケア病棟への入棟を希望し、同意していること。
  • 緩和ケア病棟における目的を達することができないと判断された場合は入棟をお断りすることがあります。
  • ご家族の介護負担軽減目的の短期間入院(レスパイト入院)は相談に応じます。

三好病院緩和ケア病棟退棟基準

入院された後に以下の条件に当てはまった場合は退院(退棟)いただくことを原則とし、 在宅療養の担当医や転院先の病院に対して、緩和ケア病棟入院中の診療情報の提供を行います。

  1. 症状コントロールができ、通院治療や在宅緩和ケアが可能と判断された場合
  2. 患者さん・ご家族が退院もしくは転院を希望されている場合
  3. がん以外で治療が必要な症状があり、その治療を優先する必要がある場合
  4. がんに対する積極的な治療の再開を希望されている場合
  5. 緩和ケア病棟における目的を達することが困難な場合
  • 病棟設備条件に伴い、人工呼吸器の使用及び透析などを必要とされる患者さんは一般病棟での入院となります。
  • 積極的ながん治療を行いながら、緩和ケアを希望する場合は、一般病棟において緩和ケアを受けることが出来ます。