①緩和ケアとは

 

がんによる痛み、吐き気、息苦しさなどの様々なつらい「身体的苦痛」の緩和のみでなく、 ご家族も含めた「精神的・社会的・霊的苦痛」も和らげるケアのことをさします。
 また、患者さんの意思を尊重し、その人らしく充実した日々が送れるような治療を行います。
 緩和ケアは、がんと診断された早い段階から、いつでも受けることができます。

緩和ケアが対象とする様々な苦痛

palliative_01.png

緩和ケアの役割

  • 痛みやそのほかの苦痛となる症状を緩和します
  • 生命を重んじ、自然な流れの中での死を尊重します
  • 死を早めることも、いたずらに遅らせることもしません
  • 死が訪れるまで、患者さんが自分らしく生きていけるように支えます
  • 患者さんの治療時から、患者さんと死別した後も、ご家族を支えます
  • 患者さんのご家族に、心のカウンセリングを含めたさまざまなケアをチームで行います
  • がん治療の初期段階から、外科手術、がん薬物療法、放射線療法などと連携しながら、緩和ケアを行います

緩和ケアの考え方

palliative_02_2.jpg

緩和ケアのケア対象となる方

  • がんと診断されている患者さんとそのご家族
  • がんでないが、心身に苦痛症状を抱えている患者さんとそのご家族

緩和ケアが受けられる場所

緩和ケアは時期や場所を問わず、下記の場所で受けることができます

  • 緩和ケア病棟
  • 緩和ケア内科外来
  • 緩和ケアチーム
  • がん看護外来

 

緩和ケアを受けようか迷っている方へ

緩和ケアはあなたの生き方をより豊かにするケアです。症状が緩和されれば、穏やかな時間を取り戻せます。
 緩和ケアを導入していく際、治療のこと、生活のこと、ご家族のことなど、様々なお気持ちの葛藤があるかと思います。緩和ケアでは、お気持ちの葛藤についてお聞きするのはもちろん、「せこいです」「困っています」ということを時期に関係なくお聞きすることから始まります。

お困りのこと、病気以外の気がかりについて、ぜひご相談ください。お待ちしています。