緩和ケア病棟の設備・特徴

緩和ケア病棟は新病棟7階、全室個室の20床で、病室内は、患者さんやご家族の方が、 なるべく自宅で生活しているような雰囲気になれるように配慮した構造となっております。
 また、多様なニーズに応えるため、面積・設備の異なる指定入院室(特別室:1室 有料個室:9室)も設けております。
 病棟の主な設備・特徴として、催し物を行うことができる「ラウンジ」、家族と共に食事ができる「ダイニングキッチン」、 寝たきりの患者さんなど用の「介助浴室」、心身をリラックスしたい、心静かにしたいと思われている患者さん用の「多目的室」、 面会に来られたご家族用の「家族控室」や「浴室」を設置しております。
 なお、緑や自然に触れての気分転換ができる「屋上庭園」も同じ階にあり移動に便利です。

※一般病棟と異なり、面会時間の制限はありません。 ただし、面会の方は一般病棟同様、必ずナースステーションへ申し出て許可を得てください。 面会者制限については一般病棟と同様です。

無料個室(16m²) 10床

palliative_facilities_01.jpg
設備

シャワ-、トイレ、洗面所、ロッカー、テレビ、冷蔵庫

有料個室(指定入院室) (24m²) 9床(和室タイプ5床、洋室タイプ4床)

palliative_facilities_02.jpg

palliative_facilities_03.jpg

指定入院室料 5,500円/日

設備

シャワー、トイレ、洗面所、ロッカー、テレビ、冷蔵庫、流し台、電子レンジ

 

特別室(指定入院室) (52m²) 1床

palliative_07.jpg

指定入院室料 10,800円/日

設備

バス、トイレ、洗面所、ロッカー、テレビ、冷蔵庫、調理コーナー、畳スペース、応接セット、電子レンジ

 
palliative_08.jpg
屋上庭園
palliative_09.jpg
ラウンジ
palliative_10.jpg
談話室
palliative_11.jpg
ダイニングキッチン
palliative_12.jpg
特別室「剣山」からの景色