緩和ケア病棟について

平成26年8月の新病棟開院と併せて、徳島県内の公立病院では初の緩和ケア病棟を開設いたしました。
 当院は、平成27年度に厚生労働省より「地域がん診療病院」に指定されております。 新病棟では、リニアックを用いた「放射線療法」を開始し、がんに対する「集学的治療」が可能となります。 緩和ケア病棟開設を機に、包括的ながん診療体制をさらに強化していきたいと考えています。
 がんの治療中には、時期に関わらず、先述してある「身体的苦痛」や「精神的苦痛」などが現れます。 これらに対して、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士など全ての職種で対処し、患者さんとご家族が出来る限り安らかに過ごせるように尽力いたします。
 また、ご家族の介護負担軽減目的の短期間入院(レスパイト入院)の相談にも応じます。

三好病院緩和ケア病棟理念

がん患者さんに寄り添い、やすらぎを大切にした緩和治療を行う。

三好病院緩和ケア病棟基本方針

  1. 痛みやその他の苦痛となる症状を緩和し、患者さんと家族のQOLを高めます。
  2. 生命を尊重し、患者さんがその人らしく生きていけるように援助します。
  3. 病気の早い段階からの苦痛にも対処します。
  4. 退院への支援を積極的に行い、地域との連携を充実させ、在宅緩和ケアを支援します。

三好病院緩和ケア病棟スタッフ構成

palliative_03.png

緩和ケア担当医、各診療科医、看護師、 薬剤師、管理栄養士、理学療法士、 医療相談員、ボランティア など全ての職種でケアにあたります。