四国電力池田支店にて一次救命処置講習会を開催しました。

平成26年11月19日(水曜日)、四国電力株式会社 池田支店様からご依頼をいただき、一次救命処置講習会を開催しました。

導入DVD2.jpg

まずは、一次救命処置の流れ(救命の連鎖)のDVDを観ていただき、突然倒れた人を発見した際の救命手順を確認していただきます。

 
四電あっぱくん.jpg

次に、簡易型の胸骨圧迫(心臓マッサージ)トレーニングキットで胸骨圧迫の練習をしていただきました。

心肺蘇生のガイドラインは定期的に見直され、現在では胸骨圧迫の深さは5cm以上、テンポは100回/分以上となっており、このような救命処置講習に定期的に参加されることが重要です。

 
四電AED.jpg

あっぱくんで胸骨圧迫を2分間続けて行い、へとへとになったら、次はAEDのトレーニングです。

皆で協力して蘇生を行います。
AED を準備しているときも、心臓マッサージを続けます。 

『 強く・速く・絶え間なく 』 です! 

 
 
 

今回は、当院スタッフの都合により、救急看護認定看護師の長谷とAHA-BLSプロバイダーの黒田(事務員)の2名で講習会を開催させていただきましたが、四国電力様では定期的に、このような講習会を開催されているとのことで、社員の皆さんの救命処置が大変スムーズに行われていました。