第12回 四国ブロックDMAT実働訓練に参加しました。

平成26年2月22日(土曜日)、23日(日曜日)に開催された、第12回四国ブロックDMAT実働訓練に参加しました。 この訓練は、四国四県持ち回りで毎年開催している実働訓練であり、 チームで参加することは、DMAT指定医療機関の指定要件でもあります。

 高知県の四万十緑林公園内の総合防災拠点に参集した各DMATは
(1)防災拠点での活動拠点本部活動
(2)窪川運動公園に設置されたSCU(広域医療搬送臨時拠点)での医療活動、
(3)地域の医療機関の情報収集と病院支援活動、
(4)救護所、避難所等の情報収集活動のいずれかを指示されます。
 三好病院チームはSCUでの医療活動の指示を受けました。

h260222_01.jpg

まずは、四万十緑林公園に設置された活動拠点本部で到着報告・受付を行い、指示を待ちます。

 
h260222_02.jpg

派遣先の窪川運動公園SCUで、幸田隊員(医師)、長谷隊員、下川隊員(看護師)は診療エリアで傷病者の安定化処置を、 黒田隊員(業務調整員)はSCU本部でMATTS(広域医療搬送患者情報管理システム)の入力を担当しました。

 
h260222_03.jpg

2日目の午後には、黒田隊員と徳島市民病院の森田隊員よる『ロジスティックス研修』を開催しました。