平成23年度 高知県広域医療班送訓練に参加しました。

平成23年12月3日(土曜日)に、高知県広域医療班送訓練に参加しました。
 高知県沖で地震が発生し、高知県沿岸部の広範囲に地震、津波による被害が発生。 幡多地区では災害拠点病院である「幡多けんみん病院」が医療機能を維持したまま、 多くの傷病者の受入要請を受けており、高知県災害対策本部は、高知県内の医療救護体制では十分な対応が困難と判断し、 四国他県にDMATの派遣を要請するという想定で訓練が行われました。

h231203_01.jpg

「幡多けんみん病院」に設置されたDMAT本部に到着報告をし、活動内容を指示される三好病院DMAT。

 
h231203_02.jpg

病院のフロアに傷病者を受け入れて処置をする白石隊員(医師)、大西隊員、笠掛隊員(看護師)、黒田隊員(業務調整員)

 
h231203_03.jpg

近隣の運動公園の体育館に設置されたSCU(航空搬送拠点臨時医療施設)の様子。

 

三好病院からは、DMAT1チームを参集拠点である「幡多けんみん病院」に派遣し、 そのまま「幡多けんみん病院の病院支援を行いました。 多数傷病者を受け入れるスペースの使い方や、支援先病院のスタッフとの情報共有の重要性を学ぶ訓練になりました。