平成29年度 徳島県立三好病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 - 24 42 65 119 215 693 742 1148 408
平成28年度と変わらず60歳以上の退院患者の割合が全体の85%以上を占めております。
退院患者全体は人口減の中ですが、平成28年度より増えております。
80代に関しては平成28年度と比較し、退院患者が減っています。少子化による年齢構成の変化の影響と考えております。
(患者数が10人未満の項目については,『-』で表示しています。)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症 心臓カテーテル検査 100 2.2 3.03 0.0 70.8  
050130xx99000x 心不全の治療 手術なし 48 14.3 17.71 14.6 83.1  
050050xx02000x 狭心症 経皮的冠動脈形成術等 38 3.8 4.62 0.0 71.2  
050130xx9901xx 心不全の治療 手術なし 人工呼吸あり 20 14.7 19.53 30.0 82.4  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカー移植術等 18 10.4 11.21 5.6 82.8  
循環器内科の入院症例は,狭心症に対して心臓カテーテル検査・ステント治療を実施する症例が上位となっております。
予定外・救急の症例として急性心不全の治療を行う症例も多いです。
その他,ペースメーカーの移植・交換など,幅広い症例の診断・治療に対応しています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 21 5.5 4.85 0.0 69.7  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 17 6.9 5.56 0.0 46.1  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 13 7.2 6.64 0.0 64.6  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞の治療 手術なし 11 8.4 8.98 0.0 74.3  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術等 10 13.9 12.35 10.0 69.4  
外科の入院症例は,鼠径ヘルニアに対する手術症例が1番多くなっております。
その他、虫垂炎や胆のう炎手術・イレウスの治療など予定外・救急の症例への対応が上位を占めております。
指標上肺癌の手術のみがランクインしていますが、その他のがんの手術にも幅広く対応しております。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 121 23.8 27.09 83.5 83.3  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 骨折観血的手術、抜釘等 66 3.7 5.21 6.1 58.3  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)の治療 手術なし 37 16.9 19.94 78.4 72.6  
160980xx99x0xx 骨盤損傷の治療 手術なし 21 12.2 19.97 81.0 74.8  
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 骨折経皮的鋼線刺入固定術等 20 9.3 9.49 20.0 61.7  
整形外科の入院症例は外傷が多く、当院で転院率が最も高い診療科です。
中でも大腿骨骨折に対して人工骨頭挿入術などの手術の実施症例が最も多いです。
この症例における当院の平均在院日数は,全国平均と比較して3日程度短く,
転院に関して、地域の医療機関としっかりとした連携が図れていると考えております。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボン 38 13.2 16.38 42.1 73.0  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 37 12.5 9.68 59.5 80.9  
010230xx99x00x てんかんの治療 手術なし 28 12.4 6.32 21.4 68.5  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の治療 手術なし 19 7.4 7.34 26.3 74.2  
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 脳血管造影 16 3.4 3.25 0.0 69.9  
脳神経外科では,慢性硬膜下血腫などの頭部外傷や脳梗塞などの入院症例が上位を占めています。
当院の救命救急センターでは,脳血管疾患の患者様が多く搬送されており,24時間診療に対応しています。
脳梗塞に対しては,急性期血栓溶解療法(t-PA療法)などの治療を積極的に行っています。
その他,てんかんなど,幅広い疾患の診断・治療に対応しています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺針生検 32 2.0 2.67 0.0 72.3  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 29 4.8 5.75 0.0 63.9  
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 化学療法あり 12 6.4 7.64 0.0 76.6  
110080xx02x0xx 前立腺の悪性腫瘍 精巣摘出術 12 6.3 6.07 0.0 78.7  
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 12 8.5 7.64 0.0 78.3  
泌尿器科では,前立腺癌に対する前立腺生検による検査入院症例が最も多くなっております。
他では
膀胱癌に対する経尿道的手術、尿路結石に対する経尿道的尿路結石除去術、
前立腺肥大症に対するレーザー手術、前立腺癌に対する精巣摘出などの症例が多くなっております。
ランキングにはありませんが、腎不全に対する透析用シャント造設や透析の実施など、幅広く対応しております。
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 26 25.5 20.83 23.1 86.9  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法あり 25 16.5 11.99 0.0 70.4  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)ADROP2の治療 22 13.0 15.12 4.5 85.5  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎の治療 18 34.9 19.65 22.2 74.4  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)ADROP1 の治療 16 13.3 13.51 12.5 83.7  
呼吸器内科では,誤嚥性肺炎をはじめとして、肺炎の入院症例が最も多くなっています。
肺がんに対して化学療法を行う症例も上位にあがります。
その他、結核や慢性閉塞性肺疾患の診断・治療など,幅広い症例に対応しています。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石 内視鏡的胆道ステント留置術等 70 7.7 10.61 10.0 83.5  
060100xx01xx0x 大腸ポリープ 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 55 2.1 2.68 0.0 70.8  
060102xx99xxxx 大腸憩室炎などの治療 31 7.7 7.87 0.0 77.8  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 23 21.8 20.83 34.8 83.8  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎の治療 22 7.0 9.06 0.0 69.5  
消化器内科では,胆管結石に対して内視鏡治療を実施する入院症例が最も多くなっています。
その他,大腸ポリープや胃・大腸の早期がんに対する内視鏡手術にも対応しております。
内科の医師は内科症例を総合的に診療しているため、消化器内科の上位に誤嚥性肺炎が入っています。
眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx97xxx0 白内障 水晶体再建術 片眼 66 2.0 2.85 0.0 78.7  
020110xx97xxx1 白内障 水晶体再建術 両目 - - 5.90 - -  
020320xx97xxxx 眼瞼内反症 眼瞼内反症手術 - - 3.32 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
眼科の入院診療の主は白内障手術となっております。
その他、当院だけでは対応できない症例に関しては徳島県立中央病院や徳島大学病院と連携をしながら、
診療を行っております。
(患者数が10人未満の項目については,『-』で表示しています。)
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 - - 12.94 - -  
060030xx99x4xx 腹膜癌 化学療法あり - - 6.41 - -  
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術等 - - 10.27 - -  
120165xx99xxxx 妊娠合併症等の治療 - - 12.02 - -  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 9.91 - -  
産婦人科の入院診療では婦人科領域の腫瘍の手術や化学療法の診療を主に行っております。
その他、産科領域でも分娩は休止となっておりますが、
妊娠合併症などの診療や妊婦検診・産後1ヶ月検診など幅広く診療を行っております。
(患者数が10人未満の項目については,『-』で表示しています。)
緩和ケア内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx99000x 肺癌の緩和治療 28 31.7 14.60 0.0 78.4  
06007xxx99000x 膵臓癌の緩和治療 17 32.4 9.83 0.0 76.7  
060020xx99x00x 胃癌の緩和治療 14 16.6 11.11 0.0 73.4  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管癌の緩和治療 11 34.9 9.90 0.0 70.4  
060060xx99x00x 胆嚢、肝外胆管の緩和治療 - - 11.71 - -  
緩和ケア内科の入院症例はがん全般に関する緩和治療症例となっております。
がん患者さんに寄り添い、やすらぎを大切にした緩和治療を行う。を理念に、
吐き気、息苦しさなどの様々なつらい「身体的苦痛」の緩和のみでなく、 ご家族も含めた「精神的・社会的・霊的苦痛」も和らげるケアにも取り組んでおり、
患者さんとご家族が出来る限り安らかに過ごせるように尽力しています。
(患者数が10人未満の項目については,『-』で表示しています。)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - 12 - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - 16 - 23 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院は地域がん診療病院の指定を受け,がん治療を積極的に行っています。
指標上は分かりにくいですが、当院は緩和ケア内科を標榜しているため、ステージが進行している症例や再発の症例が多い傾向にあります。
がんの治療については,胃や大腸の早期がんに対して内視鏡治療,手術療法では低侵襲である腹腔鏡や胸腔鏡手術を積極的に行っています。
上記治療に加え、必要に応じて化学療法や放射線治療を行うなど,集学的治療にも対応しています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 9.3 54.6
中等症 135 13.9 79.3
重症 29 21.6 86.7
超重症 14 21.7 88.4
不明 - - -
成人市中肺炎とは,成人が日常生活の中で発症した肺炎のことをいいます。
当院では中等症の患者様が最も多く,全体の70%弱を占めています。
平均年齢からみても分かるように高齢になるほど、重症度が高くなり、平均在院日数が長くなる傾向があります。
当院では軽症から重症の患者様まで幅広く肺炎の治療に対応しています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
- 132 19.9 78.0 49.2
当院の脳梗塞の患者数は当院脳神経外科症例の約3分の1を占めております。
急性期の脳梗塞に対する治療では,血管に詰まった血栓を溶かし,脳への血流を早期に回復させるt-PA(アルテプラーゼ静注療法)を積極的に行っています。
また当院では,脳卒中地域連携パスを導入し,地域のリハビリ機能を有する医療機関と連携し,患者様が継続して治療を受けられるよう支援を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 41 2.6 2.6 4.9 73.5  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極 15 6.4 10.3 13.3 83.3  
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの - - - - -  
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -  
循環器内科の手術は,狭心症に対する待機的な経皮的冠動脈ステント留置術が最も多くなっております。
ステント留置術は急性心筋梗塞や狭心症の緊急症例にも対応しております。
ペースメーカー移植・交換に関しても対応しております。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24 3.8 7.3 4.2 66.2  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 21 1.9 3.6 0.0 69.7  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わない 14 2.4 4.5 0.0 43.9  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 10 8.6 14.5 10.0 76.5  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -  
外科の手術は,腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多くなっています。
全体的に鏡視下手術が上位にあり,より低侵襲で患者様に負担の少ない治療を積極的に行っています。
がんに関してもランキング外のものも含め、鏡視下手術を積極的に適用しています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術 上腕、大腿 89 3.8 20.1 83.1 81.7  
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿 56 2.1 10.0 32.1 68.0  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕、下腿 52 1.2 1.6 0.0 62.7  
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 47 3.6 19.7 85.1 81.8  
K0732 関節内骨折観血的手術 19 2.4 7.6 26.3 64.4  
整形外科の手術は,外傷による骨折に対する手術が主で
特に大腿骨骨折に対する観血的手術や人工骨頭挿入術や抜釘の症例が多くなっております。
その他,前腕等の骨折に対する手術も症例数が多くなっております。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 28 2.0 11.1 57.1 82.0  
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 12 8.3 15.8 50.0 75.4  
K1742 水頭症手術 シャント手術 - - - - -  
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -  
脳神経外科の手術は,慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多くなっています。
当院では脳血管造影の検査入院を定期的に行っており、
その結果に応じて待機的に内頸動脈の狭窄に対する血栓内膜摘出術を実施し、脳梗塞の予防にも取り組んでおります。
(患者数が10人未満の症例については,『-』で表示しています。)
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 28 2.6 2.3 0.0 63.6  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 19 2.2 3.7 0.0 72.9  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 13 4.0 6.2 7.7 79.2  
K830 精巣摘出術 13 2.7 3.5 0.0 77.9  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 11 1.8 9.8 9.1 80.8  
泌尿器科の手術は,結石に対する経尿道的尿路結石除去術が最も多くなっています。
がんの手術に関しては膀胱がんの経尿道的手術を始めとして、腎・尿管癌の腹腔鏡手術や前立腺癌の精巣摘出術も実施しています。
その他,水腎症に対するステント留置や透析のための内シャント設置や拡張を行っております。
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 58 2.1 8.2 12.1 83.8  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 52 1.1 1.1 0.0 69.8  
K654 内視鏡的消化管止血術 33 1.6 8.5 18.2 76.1  
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴う 14 3.4 4.7 28.6 83.0  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 10 1.0 8.5 0.0 70.1  
消化器内科の手術は,胆道疾患に対する内視鏡的ステント留置術が一番多くなっております。
その他にも、大腸ポリープ・早期大腸癌に対する内視鏡的切除術(EMR)、予定外の消化管出血に対する内視鏡的止血術、
食道静脈瘤の治療、消化管の狭窄病変に対するステント・バルーン治療など幅広く内視鏡治療を行っております。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 67 1.0 1.0 0.0 78.5  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
眼科の手術の主は白内障手術となっております。
その他、当院だけでは対応できない症例に関しては徳島県立中央病院や徳島大学病院と連携をしながら、
診療を行っております。
(患者数が10人未満の項目については,『-』で表示しています。)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる - -
180010敗血症同一 24 0.79
異なる - -
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 27 0.89
異なる - -
上記の指標は下記の説明の疾患の発生数と割合を記載しております。
入院契機と同一の場合は入院時から発生していたもの。異なる場合は入院後に発生したものとなります。

播種性血管内凝固とは、主に重症の感染症に続発する臓器障害の一つです。播種性血管内凝固が重症化すると様々な臓器が障害を受け、多臓器障害・多臓器不全となり、生命に関わる可能性があります。治療は薬物治療を行いますが、何よりも基礎になっている感染症の治療と改善が必要です。

敗血症とは、様々な感染症が重症化し、全身に影響を及ぼすようになった状態です。重症化しますと、血圧低下を来したり、様々な臓器障害を引き起こし、生命に関わります。症状に応じて、治療を行いますが、播種性血管内凝固と同様に何よりも基礎になっている感染症の治療と改善が必要です。

真菌感染症とは、人体に対して病原性の弱い病原菌が、人体の免疫力が低下した時に感染を来した場合をいいます。
当院ではカンジダ症の症例があります。

手術・処置等の合併症で最も多いのは透析シャントの閉塞や狭窄です。その他医原性気胸やペースメーカ植込み後の感染症などがあります。
こうした合併症は少なからず発生することがあり、手技の実施前に丁寧な説明を心がけております。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
更新履歴
平成30年9月18日 公開