平成28年度 徳島県立三好病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 - 26 29 51 127 244 644 686 1163 331
当院は地域医療支援病院に指定されており,地域の医療機関と連携し,急性期医療を中心に医療を提供しています。
年齢階級別にみると,60歳以上の患者様の割合が全体の85%を占めており,徳島県西部の少子高齢化の現状を反映した患者構成となっています。
(患者数が10人未満の項目については,『-』で表示しています。)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル法による諸検査を実施するもの 113 2.35 3.06 1.77% 72.27  
050130xx99000x 心不全 特定の治療を伴わないもの 61 12.48 17.95 13.11% 82.80  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等を実施するもの 48 4.83 4.71 2.08% 71.23  
050130xx9901xx 心不全 人工呼吸器装着を装着するもの 30 17.77 19.86 26.67% 81.67  
050210xx97000x 除脈性不整脈 ペースメーカー移植術等を実施するもの 15 11.33 11.38 0.00% 79.93  
循環器内科では,狭心症などの心疾患に対して心臓カテーテル検査を実施する症例が最も多くなっています。
次いで多い症例は,心不全の治療を行う症例が多くなっています。
その他,心疾患に対する心臓カテーテル治療や心臓ペースメーカーを移植する症例など,幅広い疾患の診断・治療に対応しています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術を実施するもの 22 6.64 6.82 0.00% 61.36  
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 結腸悪性腫瘍切除術を実施するもの 13 20.08 15.92 15.38% 78.85  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 肺悪性腫瘍切除術を実施するもの 11 23.27 12.73 27.27% 75.45  
060210xx99000x 腸閉塞 特定の手術・処置等を伴わないもの - - 9.08 - -  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房部分切除術等を実施するもの - - 11.57 - -  
外科では,胆嚢炎や胆嚢結石に対して腹腔鏡下手術を実施する症例が最も多くなっています。
次いで多い症例は,結腸の悪性腫瘍に対する手術症例となっています。
3番目に多い症例は,肺の悪性腫瘍に対する手術症例となっています。
その他,鼠径ヘルニア手術や乳がん手術など,幅広い疾患に対応しています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術を実施するもの 139 19.60 27.63 84.17% 84.96  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 骨折観血的手術等を実施するもの 65 4.25 5.49 9.23% 65.52  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎の骨折 特定の手術・処置等を伴わないもの 36 15.81 20.57 66.67% 73.19  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 特定の手術・処置等を伴わないもの 16 13.31 20.45 81.25% 80.81  
160820xx01xxxx 膝関節周辺の骨折 骨折観血的手術等を実施するもの 14 26.14 28.19 71.43% 79.93  
整形外科では,大腿骨骨折に対して人工骨頭挿入術などの手術を実施する症例が最も多くなっています。当該疾患の平均年齢は84.96歳と高齢であり,自宅退院が難しいため,転院率が高くなっています。また,大腿骨骨折における当院の平均在院日数は,全国平均と比較して8日程度短くなっており,地域の医療機関との連携が図れている結果と言えます。
次いで多い症例は,前腕の骨折に対する手術症例となっています。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 穿頭脳室ドレナージ術等を実施するもの 26 15.85 9.87 38.46% 78.77  
010060x2990401 脳梗塞(発症3日以内・JCS10未満)エダラボンを投与するもの 25 16.68 16.54 60.00% 74.28  
010060x2990201 脳梗塞(発症3日以内・JCS10未満)脳血管疾患リハビリテーションを実施するもの 22 19.77 16.73 72.73% 78.91  
010040x099x00x 脳内出血(JCS10未満)特定の手術・処置等を伴わないもの 18 10.94 19.35 61.11% 73.61  
010060x2990001 脳梗塞(発症3日以内・JCS10未満)特定の手術・処置等を伴わないもの 17 7.59 6.99 11.76% 74.35  
脳神経外科では,慢性硬膜下血腫などの頭部外傷や脳梗塞などの症例が上位を占めています。
当院の救命救急センターには,脳血管疾患の患者様が多く搬送されており,24時間診療に対応しています。
脳梗塞に対しては,急性期血栓溶解療法(t-PA療法)などの治療を積極的に行っています。
その他,てんかんや脳腫瘍など,幅広い疾患の診断・治療に対応しています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 経尿道的手術を実施するもの 30 8.57 7.44 3.33% 74.37  
11012xxx020x0x 尿路結石 経尿道的尿路結石除去術を実施するもの 27 5.52 5.83 0.00% 61.67  
110420xx97xx0x 水腎症 経尿道的尿管ステント留置術を実施するもの 15 4.47 5.53 0.00% 83.33  
110200xx04xxxx 前立腺肥大症 経尿道的レーザー切除術を実施するもの 14 7.71 7.78 0.00% 77.00  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 特定の手術・処置を伴わないもの - - 12.43 - -  
泌尿器科では,膀胱がんに対して経尿道的手術を実施する症例が最も多くなっています。
次いで多い症例は,尿路結石に対して経尿道的尿路結石除去術を実施する症例となっています。
その他,泌尿器科では前立腺肥大症に対するレーザー手術や前立腺癌を診断するための前立腺生検などの症例も多くなっています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 特定の手術・処置等を伴わないもの 45 19.29 21.25 22.22% 83.49  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法を行うもの 30 10.70 12.35 10.00% 77.73  
0400801499x001 肺炎(市中肺炎・75歳以上)重症度1のもの 22 12.68 13.60 4.55% 82.82  
0400801499x002 肺炎(市中肺炎・75歳以上)重症度2のもの 20 12.70 15.29 10.00% 84.45  
0400801499x012 肺炎(市中肺炎・75歳以上)心不全あり 重症度2のもの 14 17.57 18.71 14.29% 87.07  
呼吸器内科では,誤嚥性肺炎の治療症例が最も多くなっています。
次いで多い症例は,肺がんに対して化学療法を行う症例となっています。
その他,呼吸器内科では結核や慢性閉塞性肺疾患の診断・治療など,幅広い症例に対応しています。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等を実施するもの 48 8.08 11.06 10.42% 81.06  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)内視鏡的消化管止血術を実施するもの 19 9.37 10.93 15.79% 74.32  
060210xx99000x 腸閉塞 特定の手術・処置等を伴わないもの 16 9.44 9.08 12.50% 68.31  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 血管塞栓術等を実施するもの 13 9.38 11.74 0.00% 70.69  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 特定の手術・処置等を伴わないもの 13 8.31 7.89 0.00% 71.38  
消化器内科では,胆管結石に対して内視鏡治療を実施する症例が最も多くなっています。
次いで多い症例は,胃潰瘍などの消化管出血に対して内視鏡的止血術を行う症例となっています。
その他,消化器内科では胃や大腸の早期がんに対する内視鏡的切除術も積極的に行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 10 - - 11 - - 1 第7版
大腸癌 - - 14 14 - - 1 第7版
乳癌 - - - - - - 1 第7版
肺癌 11 - 17 19 11 12 1 第7版
肝癌 - - - 10 - 10 1 第7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院は地域がん診療病院の指定を受け,がん治療を積極的に行っています。
当院はステージⅣの患者の割合が高いことが分かります。当院は緩和ケア内科を標榜しており,がんの疼痛や精神的苦痛の緩和を目的とする患者様を多く受け入れる取り組みが表れています。
大腸がんについては,ステージⅢの患者割合が高く,術後に化学療法を伴う治療を実施しています。
肝がんについては,初回治療後に再発することが多い疾患であるため,再発の治療目的で再入院する割合が高くなっています。
がんの治療については,胃や大腸の早期がんに対して内視鏡治療,手術療法では低侵襲である腹腔鏡や胸腔鏡手術を積極的に行っています。
その他化学療法や放射線治療,緩和ケア治療など,集学的治療を行っています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 9.76 55.53
中等症 89 14.90 80.99
重症 34 20.18 85.35
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは,成人が日常生活の中で発症した肺炎のことをいいます。
当院では中等症の患者様が最も多く,全体の60%を占めています。
中等症以上になると平均年齢が80歳以上と高齢になっています。
重症度が高くなるにつれて,平均在院日数が長くなる傾向になっています。
当院では軽症から重症の患者様まで幅広く肺炎の治療に対応しています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群- - - - -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群- - - - -
I63$脳梗塞3日以内 124 18.69 78.50 51.49%
その他 10 20.00 81.60 6.72%
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 18 7.76 70.50 5.00%
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-        
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>-        
I679脳血管疾患,詳細不明-        
当院では,発症から3日以内の脳梗塞の症例が最も多い結果となっています。
急性期の脳梗塞に対する治療では,血管に詰まった血栓を溶かし,脳への血流を早期に回復させるt-PA(アルテプラーゼ静注療法)を積極的に行っています。
また当院では,脳卒中地域連携パスを導入し,地域のリハビリ機能を有する医療機関と連携し,患者様が継続して治療を受けられるよう支援を行っています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 41 1.98 2.63 2.44% 72.61  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 16 0.19 9.00 6.25% 66.44  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極のもの - - - - -  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの - - - - -  
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -  
循環器内科では,狭心症や心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術などの心臓カテーテル治療の症例数が上位2項目を占めています。
当科では予定の心臓カテーテル治療だけでなく,緊急の症例に対しても対応しています。
3番目に多い手術はペースメーカー交換術となっています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 26 1.92 4.96 7.69% 62.50  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 22 0.95 4.45 4.55% 69.82  
K672 胆嚢摘出術 11 2.00 12.82 18.18% 70.55  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 10 3.11 13.33 0.00% 77.00  
K7193 結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -  
外科では,腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多くなっています。低侵襲であり,短期間の入院で行うことができます。
次いで多い手術は腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術となっており,腹腔鏡下胆嚢摘出術と同様に低侵襲で短期間の入院で行えるため患者数が増加しています。
当科では腹腔鏡や胸腔鏡による鏡視下手術の件数が増加しており,より低侵襲で患者様に負担の少ない治療を積極的に行っています。
その他,乳がんや肺がんなどの手術についても対応しています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 93 3.02 15.84 81.72% 82.86  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 59 4.49 14.76 83.05% 84.49  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 58 1.81 8.78 39.66% 66.33  
K0732 関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足) 35 1.00 6.69 22.86% 69.17  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 28 0.32 1.64 0.00% 59.18  
整形外科では,大腿骨骨折に対する観血的骨接合術や人工骨頭挿入術が上位を占めています。
術後早期にリハビリテーションを開始し,地域の医療機関と連携がとれていることから,平均在院日数は約18日となっています。
その他,前腕等の骨折に対して短期間の入院で手術を行っています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 19 0.26 13.63 52.63% 78.63  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 11 5.10 23.45 36.36% 71.45  
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 - - - - -  
K386 気管切開術 - - - - -  
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -  
脳神経外科では,慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多くなっています。平均年齢は78.63歳であり,高齢の患者様を中心に手術が行われています。
2番目に多い症例は,脳動脈瘤に対するクリッピング術が多くなっています。
3番目に多い症例は,内頸動脈の狭窄に対する血栓内膜摘出術となっています。
(患者数が10人未満の症例については,『-』で表示しています。)
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合(その他のもの) 97 0.00 1.00 0.00% 79.07  
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -  
K2172 眼瞼内反症手術 皮膚切開法 - - - - -  
K269 光彩整復・瞳孔形成術 - - - - -  
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -  
眼科では,白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズ挿入術)が最も多くなっています。1泊2日の短期入院で治療が行えることが特徴です。
患者の平均年齢は79.07歳であり,高齢の患者様を中心に手術が行われています。
次いで多い手術は、眼瞼下垂症手術、眼瞼内反症手術となっており,白内障手術と同様に1泊2日からの短期入院で治療を行っています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術 電解質溶液利用のもの 35 2.83 7.63 2.86% 75.34  
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 28 2.07 2.71 0.00% 62.18  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 24 0.75 3.71 0.00% 81.58  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 14 1.79 4.93 0.00% 77.00  
K610-3 内シャント設置術 10 1.80 8.44 10.00% 71.50  
泌尿器科では,膀胱がんに対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術が最も多くなっています。
次いで多い手術は尿路結石に対する経尿道的尿路結石除去術,3番目に多い症例は経尿道的尿管ステント留置術となっています。
その他,当科では腹腔鏡下腎摘出術や精巣摘出術など,幅広い疾患の治療に対応しています。
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 65 0.08 1.23 1.54% 70.98  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 36 3.31 8.25 8.33% 83.25  
K654 内視鏡的消化管止血術 28 0.14 8.68 21.43% 75.93  
K6153 血管塞栓術(その他のもの) 11 0.00 7.55 0.00% 70.91  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 - - - - -  
消化器内科では,大腸ポリープに対する内視鏡的切除術が最も多くなっています。当該手術には早期大腸がんに対する治療件数が含まれています。
2番目に多い手術は,胆道疾患に対する内視鏡的ステント留置術となっています。
3番目に多い手術は,胃や大腸の出血に対する内視鏡的止血術となっています。
当科では胃や大腸の早期がんに対する内視鏡的切除術を積極的に行っており,低侵襲で負担の少ないがん治療を積極的に行っています。
その他,食道胃静脈瘤や胆管結石に対する内視鏡的治療等,幅広い疾患の治療を行っています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる - -
180010敗血症同一 25 0.88%
異なる 17 0.60%
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 17 0.60%
異なる - -
当院の敗血症の発生率は,入院時に敗血症と診断された症例が高い結果となっています。
敗血症のうち,入院契機病名と医療資源病名が異なる場合の主な原因は,尿路感染症や肺炎からの発症となっています。
手術・処置等の合併症の発生率は,0.60%となっており,他院で発症した合併症に対して当院で治療を行う症例が含まれています。
主な合併症の内訳は,透析シャントの閉塞・狭窄に対して当院で治療を行う症例や人工関節手術後の脱臼などとなっています。
(患者数が10人未満の項目については『-』で表示しています。)
更新履歴
平成29年9月27日 公開