平成27年度 徳島県立三好病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 - 22 33 48 124 218 580 722 1078 269
 当院は地域医療支援病院に指定されており,地域の医療機関と連携し,急性期医療を中心に医療を提供しております。
 年齢階級別に見ると,60歳以上の患者様の割合が全体の85%を占めており,徳島県西部の少子高齢化の現状を反映した患者構成となっています。
 また,小児科が外来のみの診療となっているため,若年層の患者数が少数となっています。
 若年層の患者様では,急性期医療を要する虫垂炎などの消化器疾患や,骨折などの外傷の患者様の割合が多くを占めています。
(10件未満の項目については,『-』で表示しています)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心臓カテーテル法による諸検査 109 2.70 3.07 0.92% 72.28  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 55 4.49 4.87 1.82% 71.60  
050130xx99000x 心不全 特定の治療を伴わないもの 49 14.55 18.30 14.29% 83.90  
 循環器内科では,狭心症等に対する心臓カテーテル検査の症例が最も多くなっています。
 次いで多い症例は,狭心症等に対する心臓カテーテル治療(バルーンカテーテルを用いて狭窄している冠動脈を風船で拡張したり,ステントと呼ばれる金属製の医療材料を用いて,血管を補強したりします)となっています。
 その他,心不全や急性心筋梗塞等,幅広い疾患の診断・治療に対応しています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 15 18.60 17.41 13.33% 69.80  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)腹腔鏡下胆嚢摘出術等 12 7.00 6.96 0.00% 68.33  
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術・処置等2 6(化学療法)あり 12 2.75 4.51 0.00% 78.08  
 外科では,結腸の悪性腫瘍に対する手術症例が最も多くなっています。手術は開腹手術または腹腔鏡手術で行われ,低侵襲である腹腔鏡手術を積極的に行っています。
 次いで多い症例は,胆嚢結石症などに対する腹腔鏡下胆嚢摘出術となっています。
 3番目に多い症例は,直腸肛門の悪性腫瘍に対する化学療法の症例となっています。
 当院では入院による化学療法のほか,各がん腫の外来化学療法に積極的に取り組んでいます。
 その他,鼠径ヘルニア手術やがん手術等,幅広く対応しています。(鼠径ヘルニア手術は短期滞在手術であり,DPC対象外)
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿骨近位骨折 人工骨頭挿入術等 104 20.10 28.70 93.27% 84.27  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 骨折観血的手術等 40 2.98 5.70 7.50% 69.65  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 28 10.39 21.52 89.29% 73.71  
 整形外科では,高齢者の転倒・転落等が原因の大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭挿入術等の手術症例が最も多くなっています。当該疾患の平均年齢は84.27歳と高齢であり,自宅退院が難しいため,転院率が高くなっています。また,当院の平均在院日数は全国平均より8日程度短くなっており,地域の医療機関との連携がとれている結果であるといえます。
 次いで多い症例は,前腕の骨折に対する骨折観血的手術症例となっています。当該症例について,当院の平均在院日数は2.98日であり,全国平均よりも2日程度早期退院できている結果となっています。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満)特定の治療を伴わないもの 58 12.09 15.80 36.21% 74.76  
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)エダラボン 46 12.48 18.08 41.30% 71.80  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 穿頭脳室ドレナージ術等あり 42 10.10 10.02 30.95% 79.36  
 脳神経外科では,脳梗塞や,慢性硬膜下血腫などの頭部外傷の症例が上位を占めています。
 当院の救命救急センターには脳外科疾患の患者様が多く搬送されており,24時間診療に対応しています。
 脳梗塞に対しては,急性期血栓溶解療法(t-PA療法)や血管内手術を積極的に行っています。
 また,患者様がリハビリテーション等の治療を継続して行えるように,地域の医療機関と連携をとり,脳卒中連携パスを活用しています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 49 4.86 5.91 0.00% 59.10  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 23 6.83 7.59 0.00% 73.96  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 特定の治療を伴わないもの 13 6.69 12.60 0.00% 72.46  
 泌尿器科では,上部尿路疾患に対する経尿道的尿路結石除去術の症例が最も多くなっています。
 次いで多い症例は,膀胱癌に対する経尿道的手術の症例となっています。
 また,上位3疾患における当院の平均在院日数は全国平均よりも短く,早期退院ができている結果となっています。
 その他,泌尿器科では前立腺癌の診断のための生検を行う症例も多く行っています。(前立腺生検は短期滞在手術であり,DPC対象外)
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)特定の治療を伴わないもの 73 15.60 14.34 19.18% 77.21  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 特定の治療を伴わないもの 23 24.52 21.69 30.43% 82.09  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 特定の治療を伴わないもの 11 27.18 20.63 9.09% 67.09  
 呼吸器内科では,肺炎の症例が上位3症例を占めています。
 当院の平均在院日数は,全国平均と比較すると,肺炎の場合は1日程度,誤嚥性肺炎では3日程度長くなっています。
 細菌性肺炎や誤嚥性肺炎は,高齢者ほど重症化する傾向があり,長期的な入院治療になることがあります。
 その他,呼吸器内科では結核や肺がんの診断・治療など,幅広い症例の診療に対応しています。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 59 8.90 10.93 3.39% 83.97  
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎、特定の治療を伴わないもの 19 7.53 7.33 5.26% 65.53  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)内視鏡的消化管止血術 17 11.82 11.00 17.65% 72.88  
 消化器内科では,胆管炎や胆管結石に対する治療の症例が最も多くなっています。胆道の疾患に対して,狭窄部へチューブを留置し,胆汁などの流れを確保したり(ドレナージ術),結石を砕いて取り出したりする内視鏡的治療を積極的に行っています。
 2番目に多い症例は細菌性腸炎,3番目に多い症例は,胃十二指腸潰瘍に対する内視鏡的止血術となっています。
 その他,大腸ポリープや胃・大腸などの早期がんに対する内視鏡的切除術等の症例も行っています。
(内視鏡的結腸ポリープ切除術は短期滞在手術であり,DPC対象外)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 11 - - 17 - - 1 第7版
大腸癌 - 11 27 23 - 12 1 第7版
乳癌 - - - - - 15 1 第7版
肺癌 - - - 12 - - 1 第7版
肝癌 - - - - - 15 1 第7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 当院は地域がん診療病院の指定を受け,患者様にがんの治療を提供しています。
 再発の患者数が比較的多い結果となっています。その理由として,以下のようなケースが考えられます。
 ①他院で手術など初回治療後に再発し,当院で化学療法や放射線治療を開始するケース
 ②当院は緩和ケア病棟を有していることから,再発後,当院でがんの疼痛や精神的苦痛の緩和治療を行うケース など
 肝がんについては,再発する割合が高く,初回治療後に再度入院する場合が多いため,再発の件数が多くなっていることが考えられます。
 がんの治療については,胃や大腸の早期がんに対して内視鏡治療,手術療法では低侵襲である腹腔鏡や胸腔鏡手術を積極的に行っています。
 その他化学療法や放射線治療,緩和ケア治療など,集学的治療を行っています。
(患者数が10未満の場合は,『-』で表示しています) 
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 10 11.10 57.10
重症度 1 24 13.58 82.38
重症度 2 42 18.67 80.52
重症度 3 26 27.96 83.73
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 当院は肺炎の重症度2の患者様が最も多く,全体の38%を占めています。
 重症度1以上になると,平均年齢が82.4歳と高齢になっています。
 平均在院日数に着目すると,重症度が高くなるにつれて,入院期間が長期になっています。
 当院は急性期病院として,軽症から重症まで幅広く肺炎の患者様の治療にあたっています。
(患者数が10未満の項目については,『-』で表示しています)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群- - - - -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群- - - - -
I63$脳梗塞3日以内 127 14.71 75.10 43.45%
その他 18 12.78 80.89 4.83%
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 18 8.11 70.67 4.17%
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの- - - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>- - - - -
I679脳血管疾患,詳細不明- - - - -
 当院は脳梗塞の症例数が最も多く,発症から3日以内の患者様が搬送されている結果となっています。
 治療では,脳への血流を早期に回復させるt-PA(アルテプラーゼ静注療法)を積極的に行っています。
 また,当院は『脳卒中地域連携パス』を導入しており,地域のリハビリテーション機能を有する病院等と連携し,患者様が継続して治療を受けられるよう支援を行っています。
 その他少数ではありますが,一過性脳虚血発作やもやもや病など,幅広く脳血管疾患の診断・治療を行っています。
(患者数が10件未満の項目については,『-』で表示しています)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 60 2.10 4.18 6.67% 71.93  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 11 0.00 12.82 9.09% 76.73  
K597-2 ペースメーカー交換術 11 0.82 5.55 9.09% 84.36  
 循環器内科では,狭心症や心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術などの心臓カテーテル治療の症例数が上位2項目を占めています。
 心臓カテーテル検査後に行う予定手術や,救急搬送患者に対する緊急手術などの治療に対応しています。
 3番目に多い症例はペースメーカー交換術となっています。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 25 1.36 4.48 0.00% 74.20  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 1.05 5.26 0.00% 66.58  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 2.75 12.83 8.33% 69.33  
 外科では,腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術が最も多くなっています。低侵襲で短期入院で行えるため,症例数が増加しています。
 次いで多い症例は,腹腔鏡下胆嚢摘出術となっており,鼠径ヘルニア手術と同様に,短期入院であり症例数が増加しています。
 3番目に多い症例は,腹腔鏡下結腸悪性腫瘍となっています。
 当院では腹腔鏡や胸腔鏡など,鏡視下手術の件数が増加しており,より低侵襲で負担の少ない治療を積極的に行っています。
 その他,乳癌や肝癌等のがん手術にも対応しています。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿 80 4.2 16.38 87.50% 83.66  
K0462 骨折観血的手術 前腕,下腿,手舟状骨 75 2.39 7.31 36.00% 68.77  
K0811 人工骨頭挿入術 肩,股 42 5.21 14.19 97.62% 84.21  
 整形外科では転倒・転落外傷や事故等による大腿骨骨折に対する観血的骨接合術が最も多くなっています。
 平均在院日数は約20日であり,転院率も87.50%という結果でした。
 次いで多い手術は,前腕等に対する観血的骨接合術,大腿骨骨折に対する人工骨頭挿入術となっています。
 大腿骨骨折の手術を受ける患者様の平均年齢は80歳以上と極めて高く,術後のリハビリテーションが必要であり,転院するケースが多いため,転院率が高くなっています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 42 1.40 12.26 38.10% 82.07  
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 10 7.70 16.40 30.00% 73.50  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 - - - - -  
 脳神経外科では,慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術が最も多くなっています。平均年齢は82.07歳と高齢の患者様に多い結果となっています。
 2番目に多い症例は,内頸動脈の血栓内膜摘出術となっています。併存疾患を持つ患者様や,1入院期間中に検査を行い手術を行うケースがあるため,平均術前日数が7.70日という結果でした。
 3番目に多い症例は,脳動脈瘤に対するクリッピングとなっています。(患者数が10件未満の症例については,『-』で表示しています。)
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合(その他のもの) 77 0.00 1.00 2.60% 77.49  
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの - - - - -  
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -  
 眼科では,白内障に対する水晶体再建術(レンズ挿入術)が最も多くなっています。白内障手術は1泊2日の短期入院であることが特徴です。
 平均年齢は77.49歳と高く,高齢の患者様を中心に手術が行われています。
 次いで多いのは,眼瞼下垂症手術,翼状片手術となっており,これらの手術も白内障手術と同様,1泊2日程度の短期入院で行っています。
(患者数が10件未満の症例については,『-』で表示しています。)
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 49 1.35 2.59 0.00% 59.12  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 25 1.60 4.56 0.00% 74.60  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 0.47 3.95 0.00% 79.00  
 泌尿器科では,尿路結石に対する経尿道的結石除去術が最も多くなっています。
 次いで多い症例は膀胱癌に対する経尿道的手術,3番目に多い症例は,水腎症等に対する経尿道的尿管ステント留置術となっています。
 上位3症例については,いずれも経尿道的に行うため低侵襲であり,在院日数が5~6日程度と短期入院であることが特徴です。
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 65 0.02 1.05 1.54% 67.83  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 40 2.93 9.45 10.00% 83.23  
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの 23 2.52 6.74 8.70% 84.57  
 消化器内科では,結腸ポリープに対する内視鏡的切除術が最も多くなっています。当該手術には早期の大腸がんに対する件数も含まれています。
 2番目に多い症例は胆石症に対する内視鏡的胆道ステント留置術であり,平均年齢は83.23歳となっています。
 3番目に多い症例は胆石症に対する内視鏡的乳頭切開術であり,平均年齢は84.57歳となっています。
 また,当科では胃や大腸の早期がんに対する内視鏡的切除術を積極的に行っており,低侵襲で負担の少ないがん治療を積極的に行っています。
 その他,消化管出血に対する内視鏡的止血術や食道胃静脈瘤に対する内視鏡的治療等,幅広い疾患の治療を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる - -
180010敗血症同一 17 0.54%
異なる 15 0.47%
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 28 0.88%
異なる - -
 当院の敗血症の発生率は,入院時すでに敗血症と診断された場合と,入院後敗血症を発症した割合がほぼ同じ結果となっています。
 当院における敗血症患者の内訳は,高齢者の尿路感染症や誤嚥性肺炎からの発症や,他院からの敗血症患者の受け入れなどとなっています。
 手術・処置等の合併症の発生率は,0.88%となっており,他院で起こった手術・処置等の合併症に対して当院で治療する割合が含まれています。
 主な合併症は,透析シャントの閉塞・狭窄等に対して当院で治療を行う症例などとなっています。
更新履歴
平成28年9月29日公開