病院の概況

一般的状況と特殊性

1. 一般的状況

当院は、県西部における県立病院として、昭和31年1月1日に開設以来今日に至るまで、地域住民に適切な医療の供給を図ってまいりました。 この間の医学・医術の進歩、疾病構造等の変化や少子・高齢化が進展する中で、地域中核病院としての果たすべき役割は逐年その重要性を増しております。 この役割に即応すべく、昭和55年・56年度において全面改修を行い、診療体制の強化と診療機能の充実を図り、 また、平成17年8月29日には救命救急センターを開設し、二次救急のみならず、三次救急にも対応できるよう救急医療の拡充強化を図るなど、 地域中核病院として、地域医療の一層の向上に努力を重ねているところであります。

診療科

内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、緩和ケア内科、 外科、脳神経外科、整形外科、小児科、皮膚科、泌尿器科、 産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、救急科及び麻酔科の17科です。

病床数
一般病床 206床 (ICU、HCU、緩和ケア病床を含む)
集中治療室(ICU) 4床  
高度治療室(HCU) 6床  
緩和ケア病床 20床  
結核病床 8床  
第2種感染症病床 6床  

当院の主たる診療圏は三好市及び東みよし町を中心としておりますが、隣接の美馬市、つるぎ町も診療圏内となっています。

2. 特殊性

当院の診療圏の大半を占める三好市及び東みよし町は山間部が多く、零細規模の第二次・第三次産業の就労者の多い、生産性の低い地域です。そのため、若年労働者の流出が依然続いており、人口の高齢化が進行している地域となっています。
  地理的には、四国の中央部に位置し、国道32号と192号が交差する交通の要衝です。 また、平成12年3月には徳島自動車道が全線開通し、四国4県が高速道路で結ばれたことにより、交通移動の利便性が飛躍的に向上しました。
  当院は、県西部唯一の総合的な病院として地域に密着した役割を果たしており、 特に救急医療関係の占める割合が高く、地域的関係から二次救急に加え、三次救急的使命も担っています。

平成28年度三好病院重点事項

 ~私たちは、「やさしさ」を大切にし、地域に「信頼」される病院を目指します~
 

1  医療の質の向上

当院は、職員一人一人が、「傾聴」「共感」「尊敬」「感謝」の行動指針のもと、患者やその家族の皆様にとって「よいこと」を考え、全員で実行するとともに、更なる医療技術の研鑽に努め、質の高い安全な医療や看護を提供することで、地域に信頼される病院を目指しています。
   まず、よりよい医療を提供するために、医師、看護師をはじめ多職種によるチーム医療に引き続き取り組みます。また、これらを担うスタッフの資質の向上のため、医学教育センターによる体系的、効率的な教育研修を実施し、人材育成に努めます。
   さらに、安全・安心な医療を推進するために、医療安全センターを中心に更なる安全意識の改善を図り、医療安全の徹底に努めます。

 2 がん医療・救急医療・災害医療の充実強化

がん医療については、集学的治療の実施体制を整備するとともに、治療の初期段階からの緩和ケアに取り組むなど、フルセットのがん医療を推進します。
  また、訪問診療の体制を構築し、患者の「エンド・オブ・ライフ」を積極的に支援します。
  さらに、県西部で唯一となる「地域がん診療病院」として、地域で完結できるがん医療の提供を目指します。
 救急医療については、救命救急センターの機能及びヘリポートの通信機能等の充実を図り、プライマリケアからドクターヘリなどを活用し搬送される緊急患者の治療までの総合的な救急医療を実施します。
 また、災害医療については、「災害拠点病院」として平時の医療から災害時の医療までシームレスにつながる医療提供体制の充実強化のため、人材確保や設備等の整備、DMATの育成・強化を図るとともに、災害時の後方中核拠点としての機能整備に努めます。

  3 地域との連携強化

「地域医療支援病院」として、地域医療機関の役割分担と連携強化を図るため、更なる紹介率、逆紹介率の向上に努めるとともに、病床や高度医療機器の共同利用等を積極的に推進します。
   また、地元自治会と連携した災害関連の訓練やがんなどの勉強会等を開催するほか、児童・生徒を対象とした講座を実施することにより、地域に開かれた病院づくりを目指します。
  さらに、超高齢社会を迎え、安心して暮らせる生活を支援するために、地元市町等、関係機関と連携し、地域包括ケアシステムの構築支援に引き続き取り組みます。
  「食べて歩いて生きる」ためのリハビリ環境の整備を図り、認知症患者への充実した看護支援体制づくりを進め、再び住み慣れた自宅や地域で望む生活や療養をしながら、必要に応じた医療や介護等のサービスが受けられるようなシステムづくりに努めます。

 4 経営の健全化の推進

「徳島県病院事業経営計画」に基づき、新規入院患者の増加や平均在院日数の短縮、また必要な施設基準の取得に努め、収入の増大を図るとともに、後発医薬品の使用拡大、医薬品及び診療材料の共同購入を推進し、支出の削減に取り組み経営基盤の強化を図ります。
   また、DPC/PDPS(診断群分類別包括評価制度)により得られた診療情報やデータを有効活用することにより、経営の健全化に努めます。