入院手続きの方法・持参物

入院の手続きについて

診察の結果、入院することになった方は、1階入院受付(3番窓口)で入院手続きをしてください。

  • 所定の『入院申込書/入院履歴申込書』『身元引受兼債務保証書』を速やかにご記入の上、保険証等を添えて提出してください。
  • 交通事故または労災で入院される方は、その旨を必ず申し出てください。

保険証等

  • 保険証等を提出されないときは、診療費が全額自費扱いとなります。
  • 保険証に変更があったとき、または変更になることが明らかになったときは、直ちに1階入院受付(3番窓口)に申し出てください。
    例)他保険への加入や継続保険への切り替え、重度医療・特定疾患等の公費負担制度の適用など。
  • 毎月初め及び退院時にも保険証の確認を行っていますので1階入院受付(3番窓口)で提示してください。
  • 「限度額適用認定証」をお持ちの場合には、限度額を超えますと、窓口でのお支払いを軽減できます。 入院後はお早めに入院受付(3番窓口)にご提示ください。なお、患者さんの年齢や世帯の所得状況に応じて限度額が異なります。 発行の手続きは、患者さんが加入されている健康保険の発行元(勤務先や市町村等)にお問い合わせください。

入院時の持参物品

1. 手続きに必要なもの

  • 診察券
  • 印鑑
  • 保険証

2. 日用品

  • 洗面用品(洗面器・歯ブラシ・石鹸・髭剃りなど)
  • 洗髪用品(くし・シャンプー・リンスなど)

※ヘアドライアーは貸出ししています。

3. 食器類

  • 箸・スプーン
  • 湯のみ
  • 急須

4. 衣類

  • バスタオル 2~3枚
  • タオル 2~3枚
  • ティッシュペーパー
  • 寝巻き

(冬季、夜間冷える場合がございます。ご自分で保温に必要な衣類をご用意下さい。)

5. その他

  • 時計
  • ゴミ箱(小)
  • ナイロン袋(ゴミ入れ用など)
  • 履き物 (運動靴など滑りにくく、音が出ないもの)
  • 常用薬

手術を控えた患者様へ

  • 和式の寝巻き(ゆかた) 2~3枚
  • 手術後、氷枕に使用するタオルや身体の下に敷くバスタオルが必要となります。2枚程度は予備があると便利です。
  • その他、手術後に必要時 オムツ・腹帯・胸帯・T字帯などご用意していただく場合があります。

入院後、テレビ・ラジオ・ノートパソコン等ご使用の場合は看護師に申し出て使用許可を取るようお願いいたします。