「徳島県西部保健医療圏における適正な医療を確保するための協定書」を締結しました

2019年1月10日

 
 三好病院と、つるぎ町立半田病院及び三好市国民健康保険市立三野病院は、平成30年12月17日(月)に、「徳島県西部保健医療圏における適正な医療を確保するための協定書」を締結しました。
 私たち3病院は、平成20年10月に、西部圏域における適正な医療を確保するため、複数の診療科にわたる「連携・協力事項」について協定書を締結しました。
 今回の協定では、更なる連携を強化するため、各病院間での医療従事者の相互交流及び連携を図るだけでなく、診療情報の共有、効率的な物品調達、人材育成等も推進していきます。
 これからも、3病院の連携・協力のもと、地域における質の高い医療を担ってまいります。

<協定書に基づく主な取組>
 ・医療従事者の相互交流及び連携
 ・診療材料・医療機械等の共同調達
 ・災害発生時の相互連携・協力