平成30年度 徳島県立三好病院 県民公開講座を開催しました。

2018年11月15日

平成30年10月28日(日)に平成30年度徳島県立三好病院県民公開講座を開催しました。
 今年度は「がんと向き合い 自分らしく生きる」をテーマに、ご本人、ご家族、地域社会、そして医療機関が「自分らしく生きる」ことができる社会の実現のために、何をすればいいのか、どう考えればいいのかを県民の皆様と考える機会にしたいと開催しました。
 当日は約100名の参加がありました。手術療法、薬物療法、放射線治療を行っている三好病院でのがん治療の最新情報のお話や緩和ケアのお話、三好病院のがん患者サロンに参加してくださっている方のお話、そして会場の皆さまとがんに対する意見交換の時間を持ちました。
 参加者の皆様からは「治療方法が進んでいることにびっくりしました」「がん患者さんのお話を聞け、安心しました」「フルセットのがん医療が三好病院で行えることは、非常に心強く思いました」「緩和ケアについて終末期以外の人も利用できるということを知ってよかった」とのご意見をいただきました。
 がん治療について多方面からお話をさせていただき、あわただしく、わかりにくいお話もあったかと思いますが、今後も皆さまのご意見やご感想をもとに、役に立つ講座を開催していきたいと考えています。住民の皆様、ご参加いただき誠にありがとうございました。

医学教育センター

平成30年度徳島県立三好病院県民公開講座の様子


共 催 三好病院を応援する会、三好市医師会、三好保健所           
後 援 三好市、東みよし町、NPO法人AWAがん対策募金、徳島がん対策センター