がん診療支援センター長挨拶

h_hasebe.jpg

県立三好病院は、平成27年4月1日付けで、国のがん拠点病院制度の「地域がん診療病院」として認可されました。それに伴い徳島県西部圏域でも、「フルセットのがん医療」を提供し、がん治療も三好病院に行けば大丈夫だという信頼感の構築に努めております。

フルセットのがん医療とは、手術・化学療法・放射線治療・緩和ケアが三好病院で行えるということです。そのため、新高層棟の完成を期に、CTやMRIなどを最新機器に更新すると共に、放射線治療装置を新規導入して、緩和ケア病棟も開設しました。緩和ケアについては、一般病棟で主治医と緩和ケアチームが一緒に診療していましたが、この緩和ケアチームに加えて新病棟7階には20床(すべて個室)の緩和ケア病棟ができました。より落ち着いた環境でゆったりと療養していただけるようになり、好評を得ています。

また、外来については、外来化学療法室・緩和ケア外来・がん看護外来・ストーマ外来も整備され一層充実されています。がん患者さん同士が情報交換できる「がんサロン」も毎月第3木曜日に開催しております。

もちろん新しい三好病院でも、単独では全てのがん患者さんに十分な対応はできませんが、不足している診療機能は徳島県立中央病院とグループを組んで連携することで補い、ほぼ全てのがん患者さんに対応できる体制を整えたことが評価され、「地域がん診療病院」の認可を得ました。徳島県立中央病院とのグループ連携に加え、徳島大学病院とも密な連携を持って診療しています。

がん診療支援センターとして、がん診療の進歩と共に、多職種の医療チーム(医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・放射線技師・臨床検査技師・ソーシャルワーカー 等)で対応し、院内の各診療科や各部門で行われてきた「がん診療」を横断的に病院全体でとりまとめ支援活動もしております。

徳島県立中央病院や徳島大学病院、県外のがん専門病院などとも連携して、一人ひとりの患者さんの症状に応じた最適最良のがん治療を提供していきたいと思います。

 

平成29年4月
がん診療支援センター長  長谷部 宏