化学療法

 平成18年8月に外来化学療法室を開設して、年間500件以上のがん化学療法(抗がん剤治療)を施行しています。また、地域がん診療病院として平成26年から放射線治療も開始し、がんの集学的治療が可能となり、がん化学療法は増加しています。
 がん化学療法は、年々新薬が増え治療効果が期待されています。また、様々な副作用に対する支持療法も進歩してきており、がん化学療法は複雑化しています。
 化学療法を受ける患者さんとご家族が、治療を納得してかつ安全に、そして少しでも苦痛を少なく治療を受けられるよう、医師や薬剤師、看護師で協働して患者さんを支援しています。

当院に通院中の主ながん種
chemo_graph_1.png

疾患別化学療法室利用率
chemo_graph_2_2018.png

外来化学療法件数
chemo_graph_3_2018.png

化学療法室の様子
chemo_room_1_2.png